ニュース

カザフスタンで仮想通貨人気に火が付いたか

中央アジアにある旧ソ連の国であるカザフスタンでは多くの仮想通貨関連のワードが検索エンジンによって検索されているようだ。

特に「ビットコイン、暗号通貨、マイニング、グラフィックカード」などが検索されているようでカザフスタン国内の関心が高まっていることがわかる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 昨日(2/23)のニュースまとめ

  2. bitFlyer,キャンペーン開催[ETH/JPY]

  3. 昨日(11/4)のニュースまとめ

  4. ベネズエラ大統領、ツイッターで仮想通貨ペトロの需要の大きさを訴求

  5. 新たにフジデンがBTC決済導入

  6. 審査に突入している7社は[新たなサービス開始なるか]

PAGE TOP

ニュース

Morgan Stanley、ネット証券E*Trade買収[暗号通貨市場への参入…

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ