ニュース

アメリカ元要人「仮想通貨は中央銀行を滅ぼす」と危機感

アメリカ大統領であるトランプ氏の元補佐官は、仮想通貨は中央銀行の権力を奪い取るものだとして危機感を募らせた。

実際のところビットコインの普及の背景には「非中央主権」という考え方があり、政府が危機感を感じるのは当然だ。

国によっては「暗号化された何か」が直接的に「国家反逆」となり得る場合もあることから、国は慎重にならざるを得ない。しかしながら、この仮想通貨ブームが止まることは無いだろう。そうなれば仮想通貨に否定的な国はイギリスのように既存の金融法に照らし合わせて規制するのが一番早い。

容認国は「より税金を取る」ことや「国の経済発展」を目的として新しい規則を作っていくことになる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  2. コインチェック流出”NEM”、その半数が換金か

  3. チリ共和国がR3へ参加

  4. GS社、BTC市場へ参入

  5. BTGにも51%攻撃

  6. トランプリスクがビットコインを押し上げる可能性

PAGE TOP

ニュース

1週間(8/19~8/26)のニュースまとめ

ニュース

10月に始まるポイント還元制度[キャッシュレス]

ニュース

[金融広報中央委員会]知るぽると、[わたしはダマサレナイ!!]を掲載

ニュース

[Facebook]Libraからの脱退検討企業、出現か[規制]

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]