ニュース

世界最大のATM運営業者は業界躍進に危機感

テキサス州に本店を置き、世界的にATMを展開するカードトロニクス社は仮想通貨業界の躍進やキャッシュレス化していく社会に大きな危機感を感じているようだ。

米証券取引委員会のレポートでは「紙幣等よりも電子マネーが多く使われている」ことが数字でも報告されており、現金を扱うATM業者としては大きな問題である。今後ATM業者はどのような経営方針の転換を強いられるか、また世界に多くあるATMをどう有効活用するかが問われている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. モネロが私怨でBTCにサーバー攻撃予定か

  2. 元総理大臣の息子がブロックチェーンスタートアップの代表に

  3. Transpaygo、xRapidの導入発表[FCA認可企業]

  4. 2018年、ニュースまとめ・振り返り

  5. 昨日(8/8)のニュースまとめ

  6. BIS総支配人、ビットコインは「バブルと詐欺行為と環境破壊の組み合わせ…

PAGE TOP

ニュース

ダボス会議、閉幕[地球環境問題と国家のあり方]

ニュース

昨日(1/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座[資産管理の重要性]

ニュース

BIS,暗号通貨・CBDCに関する調査[政権や金融への不信感]

ニュース

ウクライナ、暗号通貨監視強化[EUでの資金洗浄対策]

ニュース

ハワイ、銀行の暗号通貨カストディ業合法化へ[既存金融機関と暗号通貨関連事業]

ニュース

メルカリ、Origamiを孫会社化[スマホ決済、再編進む]

ニュース

麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]