ニュース

世界最大のATM運営業者は業界躍進に危機感

テキサス州に本店を置き、世界的にATMを展開するカードトロニクス社は仮想通貨業界の躍進やキャッシュレス化していく社会に大きな危機感を感じているようだ。

米証券取引委員会のレポートでは「紙幣等よりも電子マネーが多く使われている」ことが数字でも報告されており、現金を扱うATM業者としては大きな問題である。今後ATM業者はどのような経営方針の転換を強いられるか、また世界に多くあるATMをどう有効活用するかが問われている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

  2. 北朝鮮、制裁逃れてサイバー攻撃で外貨調達[デジタル化の中で脅威増す]

  3. 昨日(10/23)のニュースまとめ

  4. Facebookの暗号通貨プロジェクト[Libra]【強制停止の可能性…

  5. クラーケンで取引所サイトダウンが騒ぎに

  6. Kyash、国内メガバンク3行から資金調達[スマホ決済]

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]