ニュース

マウントゴックスの破産管理人、ビットコイン約382億円相当を売却

破産手続き中の仮想通貨取引所、マウントゴックスの破産管理人の小林信明弁護士が7日、報告書を提出し、同社が所有していたビットコイン約382億円相当及びビットコインキャッシュ約46億相当を売却したことを明らかにした。破産財団は他にも約2000億円相当の仮想通貨を管理しており、債権者への弁済のために売却が検討されるという。

当時世界最大級の取引規模を誇った取引所であったマウントゴックスは2014年に破綻した。破産法による破産手続きが進められていたが、ビットコイン価格の高騰を受けて2017年11月、元顧客ら債権者が東京地方裁判所に民事再生手続きを申し立てた。破産法手続きでは破綻時のレートで資産を現金化して債権者に分配するが、民事再生手続きであれば、上昇した仮想通貨の価値の分配が可能となるためだ。ビットコインの価格は破綻時より大幅に高騰していることから、債権者の利益は増える可能性がある。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認め…

  2. SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

  3. ノボトニー・オーストリア中銀総裁、仮想通貨規制措置を歓迎

  4. ロシアが規制法案発表

  5. FSB、仮想通貨は金融システムのリスクとなり得ると警告

  6. ついにビットコインATMを全米展開する企業が現れる

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]