ニュース

マウントゴックスの破産管理人、ビットコイン約382億円相当を売却

破産手続き中の仮想通貨取引所、マウントゴックスの破産管理人の小林信明弁護士が7日、報告書を提出し、同社が所有していたビットコイン約382億円相当及びビットコインキャッシュ約46億相当を売却したことを明らかにした。破産財団は他にも約2000億円相当の仮想通貨を管理しており、債権者への弁済のために売却が検討されるという。

当時世界最大級の取引規模を誇った取引所であったマウントゴックスは2014年に破綻した。破産法による破産手続きが進められていたが、ビットコイン価格の高騰を受けて2017年11月、元顧客ら債権者が東京地方裁判所に民事再生手続きを申し立てた。破産法手続きでは破綻時のレートで資産を現金化して債権者に分配するが、民事再生手続きであれば、上昇した仮想通貨の価値の分配が可能となるためだ。ビットコインの価格は破綻時より大幅に高騰していることから、債権者の利益は増える可能性がある。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 日本、匿名通貨終了か

  2. 昨日(1/29)のニュースまとめ

  3. 昨日(6/27)のニュースまとめ

  4. 「悟コイン」の来夢、4月に仮想通貨交換業を廃止へ

  5. MUFG、ブロックチェーン基盤決済ネットワーク企業を設立

  6. カザフスタンで仮想通貨人気に火が付いたか

PAGE TOP

ニュース

Facebookの独自通貨プロジェクトへの参入[VISA/MasterCard]…

ニュース

昨日(6/15)のニュースまとめ

ニュース

取引所Bittrex、取引停止対象の追加[合計74種の取引停止]

ニュース

Binance、アメリカ居住者へのサービス制限[変化する取引所]

ニュース

マネーパートナーズ、コイネージを子会社化[参入ハードル]

ニュース

野村HD・NRIと合弁の新会社設立[ブロックチェーン技術]

ニュース

昨日(6/14)のニュースまとめ

ニュース

取引所Binance、アメリカ市場へ参入[Liquid]