ニュース

金融庁が仮想通貨事業者に業務停止命令

金融庁は8日、仮想通貨交換業者7社の行政処分を発表したと一部メディアが報じた。

業務停止命令の対象は「HIGH SPEED EXCHANGE」などを手掛けるFSHO、取引所「Bit Station」などを手掛けるビットステーションの2社だ。

業務改善命令の対象はテックビューロ、GMOコイン、バイクリメンツ、ミスターエクスチェンジ、コインチェックの5社とされている。

テックビューロ社はコインチェックほどの金額ではないにしろ、不正流出が起きている希少な取引所だ。こんな取引所が認可を受けているというのは、金融庁の面子もあったものではない。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. リップルのxVia3か国が新たに採用

  2. GS支援の米サークル、仮想通貨取引事業の拡大のため100人新規採用

  3. 日本発の暗号通貨ウォレットGinco

  4. 昨日(4/9)のニュースまとめ

  5. SECとCFTC、6日上院証言で、連邦監督機関の設置要請へ

  6. オーストリア中央銀行総裁、仮想通貨業界へ危機感を露に。

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨での国債発行検討[アフガニスタン・ウズベキスタン・チュニジア]

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定