ニュース

金融庁が仮想通貨事業者に業務停止命令

金融庁は8日、仮想通貨交換業者7社の行政処分を発表したと一部メディアが報じた。

業務停止命令の対象は「HIGH SPEED EXCHANGE」などを手掛けるFSHO、取引所「Bit Station」などを手掛けるビットステーションの2社だ。

業務改善命令の対象はテックビューロ、GMOコイン、バイクリメンツ、ミスターエクスチェンジ、コインチェックの5社とされている。

テックビューロ社はコインチェックほどの金額ではないにしろ、不正流出が起きている希少な取引所だ。こんな取引所が認可を受けているというのは、金融庁の面子もあったものではない。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Coinbaseの対応にクレーム殺到

  2. シンガポールは国を挙げて仮想通貨の研究

  3. ブロックチェーンでホームレス・難民などの問題を解決へ

  4. コインチェック、営業利益率驚異の86%

  5. ライトニングネットワーク上でポケモン

  6. 昨日(5/17)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]