ニュース

独ビットワラ社が仮想通貨デビットカード発行へ

ドイツのビットワラ社はブロックチェーンを使った決済サービスを提供している。そのビットワラ社仮想通貨のデビットカードを発行するようだ。

同社の新サービスである「ブロックチェーン・バンキング」は銀行口座とリンクされ通常のデビットカードとしても使えるという。

デビットカードは残高以上の決済は出来ないことから、通常のクレジットカードよりも安全である。日本でも普及してほしいが日本の税制では「決済も課税対象」であることから普及するには税制改革が必要だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. アメリカ国務省、ブロックチェーンフォーラム開催へ

  2. XRP(リップル)が詐欺に使われる

  3. 国内初、大規模な仮想通貨ファレンス 7月6日に開催

  4. Coinbase、ニューヨーク州でビットライセンスを取得

  5. フランスで特別委員会を創設

  6. ブロックチェーンを用いたテレビ番組が10月から開始

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]