ニュース

インドの取引所、自主的にサービス停止

インドの取引所が国の仮想通貨への対応を忖度し、自主的にサービスを停止したことを顧客に伝えたようだ。

取引停止した取引所は「BTCXインディア」と「ETHEXインディア」の2社だ。顧客の資金は返金されるという。

インド政府は仮想通貨業界に関して否定的な発言が多く、これが直接的な理由となっているようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  2. マウントゴックス事件有力者、暗殺される可能性

  3. [調査]プロジェクトのほとんどが機能していない

  4. 韓国、飲食店で仮想通貨決済。実用化広がる。

  5. ECBのトップがビットコインに言及

  6. 財務省広報誌、特集に暗号通貨

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供