ニュース

インドの取引所、自主的にサービス停止

インドの取引所が国の仮想通貨への対応を忖度し、自主的にサービスを停止したことを顧客に伝えたようだ。

取引停止した取引所は「BTCXインディア」と「ETHEXインディア」の2社だ。顧客の資金は返金されるという。

インド政府は仮想通貨業界に関して否定的な発言が多く、これが直接的な理由となっているようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 韓国政府、「通常の」仮想通貨取引を支持へ

  2. NY証券取引所はETFに消極的か?

  3. Kraken,暗号通貨先物取引所買収[取引所の再編]

  4. 電子マネー発行に対する規制[ルーマニア]

  5. ビルゲイツの財団がRippleを採用

  6. GINKAN、オリコと資本業務提携[トークンエコノミー]

PAGE TOP

ニュース

1週間(8/19~8/26)のニュースまとめ

ニュース

10月に始まるポイント還元制度[キャッシュレス]

ニュース

[金融広報中央委員会]知るぽると、[わたしはダマサレナイ!!]を掲載

ニュース

[Facebook]Libraからの脱退検討企業、出現か[規制]

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]