ニュース

インドの取引所、自主的にサービス停止

インドの取引所が国の仮想通貨への対応を忖度し、自主的にサービスを停止したことを顧客に伝えたようだ。

取引停止した取引所は「BTCXインディア」と「ETHEXインディア」の2社だ。顧客の資金は返金されるという。

インド政府は仮想通貨業界に関して否定的な発言が多く、これが直接的な理由となっているようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. JVCEAの自主規制[証拠金取引・アフィリエイト・苦情対応]

  2. ナイジェリアの仮想通貨規制が強化

  3. ハッカーによる盗難を隠蔽

  4. Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ…

  5. SWIFT、独占支配は終わりに近づく?Rippleの訴訟からの解放

  6. 不正マイニングに警視庁が警告

PAGE TOP

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]