ニュース

Waves開発言語名決まる

Wavesのスマートコントラクトにおける開発言語の名前が「Rideon」に決定したようだ。

Wavesも人気通貨の1つ。新たなトークンも簡単に作れることから資金のない地域コイン等には向いている。

⇒「Waves」の詳細を見る

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マイニング電力、入札制

  2. 昨日(11/11)のニュースまとめ

  3. 昨日(2/5)のニュースまとめ

  4. bitFlyer、新体制へ[業務改善命令への取り組み]

  5. 暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補

  6. 仮想通貨投資、参加者は男性が70%⁉

PAGE TOP

ニュース

1週間(1/20~1/27)のニュースまとめ

ニュース

クーガー、伊藤忠商事と資本業務提携[ブロックチェーンと電子投票]

ニュース

攻撃対象となりやすい五輪開催国[個人で取れる対策]

ニュース

WEF,デジタル通貨に関する国際連合組織設立[CBDC・ステーブルコイン]

ニュース

ダボス会議、閉幕[地球環境問題と国家のあり方]

ニュース

昨日(1/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座[資産管理の重要性]

ニュース

BIS,暗号通貨・CBDCに関する調査[政権や金融への不信感]