ニュース

「ペトロ」の需要に高まる不信感

各国が仮想通貨規制に動いている中で独自の仮想通貨を発行しているベネズエラだが、その同国仮想通貨「ペトロ」が171,000枚以上の承認済み買い注文があったらしい。「らしい」というのはこの情報源が同国大統領マドゥロ氏のTwitterであり、更にはその購入者の名前やどのような承認方法がとられたのかも、根拠も全く明らかにされていないためである。

ペトロは仮想通貨ネムのブロックチェーン技術を使用しており、その分散台帳によるとペトロは一つのアドレスによって管理されており、それが1億枚を所有していることから巨額の資金調達に成功したとは考えにくいと指摘されている。

ベネズエラ政府の動向関連記事

⇒「ベネズエラ大統領、企業にペトロ支払い受入要請」
⇒「ベネズエラ、新たに金を担保に仮想通貨発行」
⇒「ベネズエラ、独自仮想通貨のプレセール開始」

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. CFTC、規定のもと従業員の仮想取引を承認

  2. ブロックチェーン技術を活用した次世代決済プラットフォーム 「SBI R…

  3. 暗号通貨規制ガイドライン発表[韓国]

  4. 暗号通貨取引が違法に「サウジ」

  5. 仮想通貨長者リップル創始者、価格下落で5000億円の喪失

  6. 昨日(6/18)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

ニュース

デジタル遺品、相続できる準備整ってますか[終活のデジタル化]

ニュース

日本円を担保にしたステーブルコイン発行へ