ニュース

Zaifの余波続く

資金繰りやサービス問題で世間を騒がせている仮想通貨交換取引所Zaifだが、「BTCを0円販売」の余波が続いている。

しかしこの問題はBTCが0円で売られたことではなく、発行上限以上のBTCを取引してしまったことにある。現物がないのに販売するということは、交換業者が売買板を立て価格操作による販売行為が成り立ってしまうからだ。このことに関してテックビューロCEOの朝山貴生氏は「そのような行為はシステム上不可能」と可能性をきっぱり否定している。

BTC0円表示エラー時に21億のBTCを購入した麺屋銀次さんはZaifのアカウントを三回も凍結された。同氏は「手数料の安さやセキュリティー対策は評価しているので、対応をきちんとしてほしい」とユーザーの願いを訴えている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. リクルート、LN対応ウォレット提供企業へ出資

  2. Binance、韓国市場参入

  3. ブロックチェーンの証券貸借プラットフォーム

  4. 昨日(6/19)のニュースまとめ

  5. Xtheta、ブロックチェーン技術者の養成事業開始[小学校でプログラミ…

  6. ビットポイント流出事件の現状報告[現物での払い戻し検討]

PAGE TOP

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

ニュース

SWIFT,国際送金の速度改善[最速で13秒で送金完了]

ニュース

世界でATM減少、中国では前年比-6.8%[キャッシュレス決済]

ニュース

取引所で30万件の個人情報流出[クレジットや取引情報を公開]

ニュース

昨日(7/22)のニュースまとめ

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始