ニュース

Zaifの余波続く

資金繰りやサービス問題で世間を騒がせている仮想通貨交換取引所Zaifだが、「BTCを0円販売」の余波が続いている。

しかしこの問題はBTCが0円で売られたことではなく、発行上限以上のBTCを取引してしまったことにある。現物がないのに販売するということは、交換業者が売買板を立て価格操作による販売行為が成り立ってしまうからだ。このことに関してテックビューロCEOの朝山貴生氏は「そのような行為はシステム上不可能」と可能性をきっぱり否定している。

BTC0円表示エラー時に21億のBTCを購入した麺屋銀次さんはZaifのアカウントを三回も凍結された。同氏は「手数料の安さやセキュリティー対策は評価しているので、対応をきちんとしてほしい」とユーザーの願いを訴えている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ジンバブエで新たな取引所開設

  2. Binance、世界を制する取引所へ

  3. 警察がマイニングの為に職場で盗電

  4. 富士通がIOTA採用??

  5. 関電だけでなく東電でも、ブロックチェーンへの取り組み

  6. UBSブロックチェーン開発に賛同者

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは