ニュース

ベネズエラ大統領、ツイッターで仮想通貨ペトロの需要の大きさを訴求

ベネズエラのマドゥロ大統領は27日、同国独自の仮想通貨「ペトロ」について、171,000枚以上の承認済みの買い注文があったとツイッター上で伝えた。同氏は、ペトロの注文の40.8%が米ドル、6.5%がユーロ、18.4%がイーサリアム、33.8%がビットコインによるものだったことも明かした。また、購入者には3500社の企業を含むと伝えた。購入者の名前やどのような承認プロセスが取られたかは示されていない。

マドゥロ大統領は20日、ペトロのプレセール(事前募集)の初日に7億3500万ドル調達したと伝えた。しかし、根拠は示されていないことから、その信憑性を疑問視する声が上がっている。

ペトロは仮想通貨ネムのブロックチェーン技術を使用している。同国の情報サイト、カラカス・クロニクルは、公開されているネムの取引台帳から、ペトロが一つのアドレスによって管理されており、22日時点でそのアドレスが1億枚を所有していることが示されたことから、ペトロが既に巨額の資金を調達済であるとは考えにくいと指摘した。ペトロに関するベネズエラ政府の発言は真偽を慎重に見極める必要がありそうだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコイン先物週報

  2. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  3. 暗号通貨規制は必要か、調査に動き出す[ケニア]

  4. コインチェック問題進展、ユーザーからは不安の声

  5. XRPはAmazonで利用されるようになる

  6. ロシア、ビットコインに対する姿勢が軟化傾向

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?