ニュース

ビットコイン、セグウィットをサポートへ

ビットコインの公式クライアント、ビットコイン・コアのバージョン0.16.0が26日に公式リリースされた。署名データとトランザクションデータを分離させることでスケーラビリティ(取引処理能力)を向上させる「セグウィット」を完全サポートするという。

セグウィット自体は2016年11月には既に提唱されていたものの、取引所やウォレットの対応が遅れたことから採用が滞っていた。2018年2月現在、GDAXやBitfinexなど主要取引所の多くがセグウィットに対応しており、こうした外部環境の好転が今回のアップデートにつながったようだ。

仮想通貨は送金・決済が手軽に行えるのが特徴とされている。しかし、ビットコインは利用者の急増に伴い、送金手数料の増加やトランザクションの停滞が問題になっていた。今回公式クライアントがセグウィットに対応したことで、手数料がほぼ無料で高速送金が出来るライトニングネットワークが今後実装される可能性も出てきた。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マイニングによる消費電力を35%削減技術、特許申請

  2. マレーシアの暗号通貨の規制進む

  3. リップルのゴールとは

  4. 押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

  5. 薬局で暗号通貨決済導入

  6. EOS、脆弱性が見つかる

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?