ニュース

ビットコイン、セグウィットをサポートへ

ビットコインの公式クライアント、ビットコイン・コアのバージョン0.16.0が26日に公式リリースされた。署名データとトランザクションデータを分離させることでスケーラビリティ(取引処理能力)を向上させる「セグウィット」を完全サポートするという。

セグウィット自体は2016年11月には既に提唱されていたものの、取引所やウォレットの対応が遅れたことから採用が滞っていた。2018年2月現在、GDAXやBitfinexなど主要取引所の多くがセグウィットに対応しており、こうした外部環境の好転が今回のアップデートにつながったようだ。

仮想通貨は送金・決済が手軽に行えるのが特徴とされている。しかし、ビットコインは利用者の急増に伴い、送金手数料の増加やトランザクションの停滞が問題になっていた。今回公式クライアントがセグウィットに対応したことで、手数料がほぼ無料で高速送金が出来るライトニングネットワークが今後実装される可能性も出てきた。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. JVCEA、金融庁へ認定申請

  2. ドラギECB総裁、ビットコイン規制はECBの責務ではない

  3. 日本で仮想通貨被害が急増

  4. ビットコイン専業銀行、2016年に開業?

  5. 1週間(8/6~8/12)のニュースまとめ

  6. 下落の影響受け、マイナー撤退相次ぐ[Bitmainは訴訟]

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ