ニュース

仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

2月27日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツです。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.12%
2位:リップル(XRP)           +61.57%
3位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +76.66%
4位:ステラ(XLM)             +65.71%
5位:アイオタ(MIOTA)          +40.41%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -73.24%
2位:ライトコイン(LTC)        -234.92%
3位:イーサリアムクラシック(ETC)  -91.66%
4位:クアンタム(QTUM)         -500.46%
5位:トロン(TRX)            -383.05%

※表記は通貨コード(略称)となっています、あらかじめご了承ください。なお、ランキングについては、フィスコ算出の適正時価総額に対する時価総額(データ取得時)の差額が大きい順となっています。「%」表記については、フィスコ算出のフェアバリュー(適正時価総額)に対する乖離率となります。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ジェネシスブロックとは[初心者向け]

  2. スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

  3. 中国政府がブロックチェーン研究チームを支援

  4. 南アフリカの規制状況

  5. 欧州中央銀行、業界規制を促す

  6. Coinbase、取引上限引き上げ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]