ニュース

仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

2月27日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツです。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.12%
2位:リップル(XRP)           +61.57%
3位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +76.66%
4位:ステラ(XLM)             +65.71%
5位:アイオタ(MIOTA)          +40.41%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -73.24%
2位:ライトコイン(LTC)        -234.92%
3位:イーサリアムクラシック(ETC)  -91.66%
4位:クアンタム(QTUM)         -500.46%
5位:トロン(TRX)            -383.05%

※表記は通貨コード(略称)となっています、あらかじめご了承ください。なお、ランキングについては、フィスコ算出の適正時価総額に対する時価総額(データ取得時)の差額が大きい順となっています。「%」表記については、フィスコ算出のフェアバリュー(適正時価総額)に対する乖離率となります。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 昨日(6/18)のニュースまとめ

  2. 大手取引所クラーケン、NY当局の対応を批判

  3. EOS、脆弱性否定

  4. NY連銀総裁ダドリー氏「仮想通貨にのめりこむのは危険」

  5. ライオットブロックチェーン、主要投資家がCEOとCFOを提訴

  6. ブロックチェーン活用でスマホ投票可能に

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か