ニュース

陰転シグナルの発生を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

2月27日11時30分時点のフィスコ仮想通貨取引所におけるビットコイン(BTC)価格は、1,100,000円台でのもみ合いとなっている。チャート上では、ボリンジャーバンドにおける中心線(20日線)の位置する1,050,000円処と+1σの位置する1,140,000円水準でのボックス圏での推移が続く。

ナイトセッションでは、5日移動平均線(1,070,000円)が支持線として意識されているが、MACDはシグナルとの乖離をじりじりと縮小してきていることから、午後にかけて陰転シグナルの発生が警戒されている。なお、ここまでの高値は7:30に付けた1,117,000円、安値は0:00に付けた1,081,630円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、全般買い優勢のなかで、NEOが10%超と上げ幅が目立つ格好となっている。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 技術者不足にどう動くか[日本]

  2. 仮想通貨”保険”って?

  3. 中国政府がブロックチェーン研究チームを支援

  4. 元ファンドマネージャーがマーチャントバンク設立

  5. 暗号通貨投資家が「価格が底をついたと判断」

  6. ベラルーシ、HTPの企業に税優遇措置、ブロックチェーン企業も視野

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]