ニュース

ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

2017年、902件のICO(イニシャルコインオファリング)が計画されたという。Token Dataの統計で明らかになった。ただ、そのうち、142件が実施にいたらず。また、276件が資金調達後、撤退している。

48%の成功率にもかかわらず、ICOは後を絶たない。ビジネスインサイダーによると、2017年に調達された56億ドルはいまだに運用されているという。2018年に入っても、ICOのペースが落ちる兆候は見られない。Coinscheduleのデータによると、年初から現在までに、48ののICOで11億ドル超の資金が調達された模様。この数字には、すでに8.5憶ドル超の資金が確保されているTelegramのICOが含まれていない。同社は年内に20億ドルの調達を目標としている。

このペースでいくと、2018年末までにICOにより70億ドル超の資金調達の達成が可能となる。今後の展開は、欧州連合(EU)や米国など、主要となる国の規制環境次第と見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. キャッシュレス決済とは[利点欠点と国内の動き]

  2. GMOのCryptoChips対応第2弾はキャプテン翼

  3. 1週間(1/5~1/12)のニュース

  4. 大阪からブロックチェーンを使ったメッセージアプリ、ICOも計画

  5. コインチェック、金融庁から処分へ

  6. EOS、12個のバグが発見される

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]