ニュース

ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

2017年、902件のICO(イニシャルコインオファリング)が計画されたという。Token Dataの統計で明らかになった。ただ、そのうち、142件が実施にいたらず。また、276件が資金調達後、撤退している。

48%の成功率にもかかわらず、ICOは後を絶たない。ビジネスインサイダーによると、2017年に調達された56億ドルはいまだに運用されているという。2018年に入っても、ICOのペースが落ちる兆候は見られない。Coinscheduleのデータによると、年初から現在までに、48ののICOで11億ドル超の資金が調達された模様。この数字には、すでに8.5憶ドル超の資金が確保されているTelegramのICOが含まれていない。同社は年内に20億ドルの調達を目標としている。

このペースでいくと、2018年末までにICOにより70億ドル超の資金調達の達成が可能となる。今後の展開は、欧州連合(EU)や米国など、主要となる国の規制環境次第と見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 暗号通貨管理の究極法とは?!

  2. ビットコインへの課税措置について。

  3. 米仮想通貨取引所大手コインベース、仮想通貨のインデックス・ファンド導入…

  4. ウクライナは2017年に150台のビットコインATMを設置する予定

  5. スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」

  6. ステーブルコイン、取引所に続々上場

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]