ニュース

ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

2017年、902件のICO(イニシャルコインオファリング)が計画されたという。Token Dataの統計で明らかになった。ただ、そのうち、142件が実施にいたらず。また、276件が資金調達後、撤退している。

48%の成功率にもかかわらず、ICOは後を絶たない。ビジネスインサイダーによると、2017年に調達された56億ドルはいまだに運用されているという。2018年に入っても、ICOのペースが落ちる兆候は見られない。Coinscheduleのデータによると、年初から現在までに、48ののICOで11億ドル超の資金が調達された模様。この数字には、すでに8.5憶ドル超の資金が確保されているTelegramのICOが含まれていない。同社は年内に20億ドルの調達を目標としている。

このペースでいくと、2018年末までにICOにより70億ドル超の資金調達の達成が可能となる。今後の展開は、欧州連合(EU)や米国など、主要となる国の規制環境次第と見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. コインチェック、このあと20時に会見へ

  2. タイ証券取引所、ブロックチェーンプラットフォーム開始

  3. タイ財務省、暗号資産に関する課税枠組みを発表

  4. ニュージーランドでICOの警告広がる

  5. Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

  6. パスポートキャピタルのバーバンク氏、日本のSBIホールディングスを推奨…

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?