ニュース

GSブランクファインCEO、仮想通貨がビジネスリスクに

ゴールドマンサックスのロイド・ブランクファインCEOは、投資銀行が「ビットコイン戦略」を持っていないとしながらも、仮想通貨がビジネスリスクを生んでいることを認めた。

同社が26日付で、米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書の中で、もし、ブロックチェーンプロトコルに弱さが発見された場合、ブロックチェーンへの投資と同時に、証券顧客に対するビットコイン先物取引を促進する決定が同社に悪影響を与える可能性を警告した。

ブランクファインCEOは表向き、ビットコインに関し、否定的なコメントを繰り返してきたが、実際は密かにブロックチェーンなどに関連したポートフォリオを積み上げつつある。

米銀大手のバンクオブアメリカも22日のSECへの報告で、大量の仮想通貨の採用が確認されてた。ビジネスモデルのファンダメンタルズに脅威となっている。仮想通貨の購入を積極的に支持しない方針の影響で、顧客を失うリスクを考え、仮想通貨の採用を決定する金融機関も少なくないようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 1週間(10/1~10/8)の注目ニュース

  2. ジンバブエ、暗号通貨禁止措置

  3. 昨日(6/21)のニュースまとめ

  4. 欧州議会議員、仮想通貨をMiFID2の適用対象へ

  5. Bithumb、商業銀行との契約更新できず

  6. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]