ニュース

コインベース顧客情報開示

アメリカ歳入庁(IRS)は仮想通貨取引で得られた利益の納税申告をしているものが少なく、納税義務者を割り出すために、コインベースへの顧客情報の開示を求めた。

しかしコインベースは全顧客の情報開示は必要ないとし、ある一定金額以上の取引を行った顧客だけ情報開示を行うとした。IRSに情報開示されるのは1.3万人。

納税者ID/氏名/誕生日/住所/13〜15年の取引履歴などを開示される。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 仮想通貨取引が急拡大、為替相場の影響も

  2. 金融庁、暗号通貨での出資規制を行う方針[産経新聞]

  3. 取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

  4. XRP,BTCの中央集権から抜け出す

  5. アメリカ司法省ビットコイン入札へ

  6. 本当は凄いXRPは圧倒的

PAGE TOP

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]

ニュース

1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ