ニュース

コインベース顧客情報開示

アメリカ歳入庁(IRS)は仮想通貨取引で得られた利益の納税申告をしているものが少なく、納税義務者を割り出すために、コインベースへの顧客情報の開示を求めた。

しかしコインベースは全顧客の情報開示は必要ないとし、ある一定金額以上の取引を行った顧客だけ情報開示を行うとした。IRSに情報開示されるのは1.3万人。

納税者ID/氏名/誕生日/住所/13〜15年の取引履歴などを開示される。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. LINE、QRコード決済だけでなく税金払いや投資も

  2. ドイツ、医療データ管理にブロックチェーン技術を利用

  3. 中国の家電メーカーが、家電でマイニングを可能にする特許を出願

  4. コインベースがイギリスで「電子マネー」の認可取得

  5. 多発するフィッシング詐欺

  6. Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービ…

PAGE TOP

ニュース

匿名通貨モネロ、新たなPoWアルゴリズムへ切り替え計画

ニュース

1週間(5/20~26)のニュースまとめ

ニュース

Facebook、2020年に電子決済システム開始計画

ニュース

昨日(5/25)のニュースまとめ

ニュース

与沢翼氏が約1.7億円分保有するWAVES、38%もの急騰[エアドロップの影響も…

ニュース

匿名通貨DASH、アップグレード[51%攻撃への耐性強化]

ニュース

内閣サイバーが注意喚起[MyEtherWalletを騙るフィッシングメール]

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]