ニュース

コインベース顧客情報開示

アメリカ歳入庁(IRS)は仮想通貨取引で得られた利益の納税申告をしているものが少なく、納税義務者を割り出すために、コインベースへの顧客情報の開示を求めた。

しかしコインベースは全顧客の情報開示は必要ないとし、ある一定金額以上の取引を行った顧客だけ情報開示を行うとした。IRSに情報開示されるのは1.3万人。

納税者ID/氏名/誕生日/住所/13〜15年の取引履歴などを開示される。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 2018年第2四半期で注目されているICO

  2. ICO投資の税務処理って?

  3. ビットコインの最大市場

  4. ブロックチェーン技術とは

  5. 米ペイパルCEO、仮想通貨の将来に不透明性、ブロックチェーンは力強い要…

  6. NEMはなぜPoIを選んだのか

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]