ニュース

コインベース顧客情報開示

アメリカ歳入庁(IRS)は仮想通貨取引で得られた利益の納税申告をしているものが少なく、納税義務者を割り出すために、コインベースへの顧客情報の開示を求めた。

しかしコインベースは全顧客の情報開示は必要ないとし、ある一定金額以上の取引を行った顧客だけ情報開示を行うとした。IRSに情報開示されるのは1.3万人。

納税者ID/氏名/誕生日/住所/13〜15年の取引履歴などを開示される。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Ripple、新認証システム導入に向け新規登録を一旦停止

  2. 中国Huobiがシリコンバレー進出

  3. ナスダックがブロックチェーン活用

  4. 米商品先物取引委員会が詐欺で訴えを起こす

  5. NASDAQ、ブロックチェーン技術を未公開株式市場に活用

  6. ICOの成功とは

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?