ニュース

コインベース顧客情報開示

アメリカ歳入庁(IRS)は仮想通貨取引で得られた利益の納税申告をしているものが少なく、納税義務者を割り出すために、コインベースへの顧客情報の開示を求めた。

しかしコインベースは全顧客の情報開示は必要ないとし、ある一定金額以上の取引を行った顧客だけ情報開示を行うとした。IRSに情報開示されるのは1.3万人。

納税者ID/氏名/誕生日/住所/13〜15年の取引履歴などを開示される。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Overstock,ブロックチェーン上で株式を発行へ

  2. 昨日(4/29)のニュースまとめ

  3. 暗号通貨が証券取引所で取引可能に[インドネシア]

  4. イスラエルの主力銀行、ブロックチェーン技術試用でマイクロソフト社と提携…

  5. 昨日(9/20)のニュースまとめ

  6. タイ、証券法改正でデジタル証券の発行可能に

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]