ニュース

仮想通貨に警戒抱くポーランド政府

ベネズエラ政府発行の仮想通貨に関心を示している国として名前を挙げられていたポーランド政府は23日正式に否定した。

ポーランドでは仮想通貨を法定通貨と認めておらず、通商やサービス業界でも一般利用されていないとした。

また先日の記事でも掲載したように、ポーランドの中央銀行は反仮想通貨のスポンサーとなっていたり、同国デジタル化省も閣下仮想通貨プロジェクトから徹底するいたり等、仮想通貨に対する警戒を強めている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコインで市民権購入可能に!?

  2. XVGが2度目の51%攻撃受ける

  3. 日本仮想通貨事業者協会にフォビ株式会社が参加

  4. イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

  5. ビットコインが過去最高値を更新

  6. 関電、ブロックチェーン利用で消費者同士の電力取引

PAGE TOP

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ