ニュース

仮想通貨に警戒抱くポーランド政府

ベネズエラ政府発行の仮想通貨に関心を示している国として名前を挙げられていたポーランド政府は23日正式に否定した。

ポーランドでは仮想通貨を法定通貨と認めておらず、通商やサービス業界でも一般利用されていないとした。

また先日の記事でも掲載したように、ポーランドの中央銀行は反仮想通貨のスポンサーとなっていたり、同国デジタル化省も閣下仮想通貨プロジェクトから徹底するいたり等、仮想通貨に対する警戒を強めている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 仮想通貨Stellar、創設者JedとRippleLabsとの法廷闘争…

  2. 中国の取引所が10月末までに取引停止

  3. ロシア、デジタル通貨の立ち上げを検討

  4. ビットコインで市民権購入可能に!?

  5. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  6. Sodinokibiと呼ばれるランサムウェア[EST製品で検出された国…

PAGE TOP

ニュース

アメリカ、CBDCに動き[アメリカドル1強の地位]

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]

ニュース

警察庁、[令和元年の犯罪情勢【暫定値】]公表【「対面型犯罪」から「非対面型犯罪」…