ニュース

仮想通貨に警戒抱くポーランド政府

ベネズエラ政府発行の仮想通貨に関心を示している国として名前を挙げられていたポーランド政府は23日正式に否定した。

ポーランドでは仮想通貨を法定通貨と認めておらず、通商やサービス業界でも一般利用されていないとした。

また先日の記事でも掲載したように、ポーランドの中央銀行は反仮想通貨のスポンサーとなっていたり、同国デジタル化省も閣下仮想通貨プロジェクトから徹底するいたり等、仮想通貨に対する警戒を強めている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 昨日(2/17)のニュースまとめ

  2. 金融機関の新たな姿

  3. DAppsプロジェクト情報収集プラットフォーム

  4. 個人間取引で相次ぐ詐欺

  5. SABB、Ripple技術採用[サウジ・インド間]

  6. カナダの規制状況

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

SBLOCK2.0の運用停止・換金・出金方法[コインの森なんでも相談室]

ニュース

マレーシア、NEMを活用した学位証明[教育]

ニュース

経産省、ポイント還元のための地図アプリ公表[キャッシュレス決済]

ニュース

IINに東南アジア大手金融機関OCBC、加盟[送金]

ニュース

Facebook、Libraの担保となる資産割合開示

ニュース

UAE,医療分野でブロックチェーンを導入

ニュース

独立行政法人経済産業研究所、ブロックチェーンに関するシンポジウム開催