ニュース

アメリカ、仮想通貨で納税可能となるのか

アメリカジョージア州が仮想通貨での州税や認可税を正当な支払い形式として認める第二の州となる可能性が出てきた。

第一の州は今月初旬に認めたアリゾナ州。この納税法案でアリゾナ州の議員は「何時でも片手間に納税可能になる。」と利便性を主張している。

仮想通貨では価値が安定しないという問題も浮上しているため、ジョージア州の新法案では税務署が受取仮想通貨を24時間以内にアメリカドルへ変換することを織り込んでいる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. NEM専門情報サイト、NEM MAP

  2. 3社のみとなったみなし業者の1社、LastRootsのc0banとは

  3. 昨日(8/16)のニュースまとめ

  4. Bitcoinマネロン犯のその後

  5. 中国が暗号通貨に対し更なる規制をかけていくのか

  6. 欧州中央銀行のさらなる研究

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]