ニュース

アメリカ、仮想通貨で納税可能となるのか

アメリカジョージア州が仮想通貨での州税や認可税を正当な支払い形式として認める第二の州となる可能性が出てきた。

第一の州は今月初旬に認めたアリゾナ州。この納税法案でアリゾナ州の議員は「何時でも片手間に納税可能になる。」と利便性を主張している。

仮想通貨では価値が安定しないという問題も浮上しているため、ジョージア州の新法案では税務署が受取仮想通貨を24時間以内にアメリカドルへ変換することを織り込んでいる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. bitFlyerがセキュリティの評価で世界一となる

  2. ノキア、ブロックチェーン導入

  3. シンガポールは国を挙げて仮想通貨の研究

  4. 眼鏡専門店がビットコイン決済を導入!!

  5. ロシアが規制法案発表

  6. マウントゴックス破産財団の売却影響は織り込み済み!?

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か