ニュース

アメリカ、仮想通貨で納税可能となるのか

アメリカジョージア州が仮想通貨での州税や認可税を正当な支払い形式として認める第二の州となる可能性が出てきた。

第一の州は今月初旬に認めたアリゾナ州。この納税法案でアリゾナ州の議員は「何時でも片手間に納税可能になる。」と利便性を主張している。

仮想通貨では価値が安定しないという問題も浮上しているため、ジョージア州の新法案では税務署が受取仮想通貨を24時間以内にアメリカドルへ変換することを織り込んでいる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 対話アプリ「テレグラム」、仮想通貨採掘マルウェアの標的に!!

  2. 【速報】コインチェック会見まとめ!代表は涙目

  3. イーサリアムクラシックが台頭

  4. NTTグループ、ブロックチェーン技術に注力

  5. 昨日(8/22)のニュースまとめ

  6. シンガポールでBTC紙幣の試販売

PAGE TOP

ニュース

Ripple社、オーストラリア国立大学へ1億円もの寄付

ニュース

Zaifに送金したが反映されないし返金もされない[なんでも相談室]

ニュース

0.1ETHの送金に2,100ETHもの手数料[コミュニティのためか資金洗浄のた…

ニュース

OKEx、XRPとBCH上場[NEO・QTUM・XUCは上場廃止]

ニュース

Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービス提供

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!