ニュース

ライトニングネットワーク決済でピザ購入

世界初のBTC決済はピザというのはよく知られている話だが、そのBTCでピザを買った人物、ラズロ・ハニエツ氏が今月25日初めてBTCライトニングネットワークを利用し再び二枚のピザを購入したようだ。

ハニエツ氏は「日常取引でこのシステムが利用可能かを実証するため」としている。ただ「オンチェーン取引の代わりにこのシステムを行う意義はあまりないだろう。」とも述べている。

【補足】
ライトニングネットワークとは、支払いのためのネットワーク。ノード(ウォレット)同士の経路ができていれば相互の支払いが可能。オフチェーンといわれるもので、このライトニングネットワークは取引所のネットワークとは異なる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 「キャッシュバック」ならぬ「仮想通貨バック」するクレジットカードが登場…

  2. ネットバンクのSwissquote銀行が新サービス

  3. 国内最大手bitFlyerの処罰はいかに!?

  4. ECBのトップがビットコインに言及

  5. PayPal共同創業者がブロックチェーンに言及

  6. 幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?