ニュース

ライトニングネットワーク決済でピザ購入

世界初のBTC決済はピザというのはよく知られている話だが、そのBTCでピザを買った人物、ラズロ・ハニエツ氏が今月25日初めてBTCライトニングネットワークを利用し再び二枚のピザを購入したようだ。

ハニエツ氏は「日常取引でこのシステムが利用可能かを実証するため」としている。ただ「オンチェーン取引の代わりにこのシステムを行う意義はあまりないだろう。」とも述べている。

【補足】
ライトニングネットワークとは、支払いのためのネットワーク。ノード(ウォレット)同士の経路ができていれば相互の支払いが可能。オフチェーンといわれるもので、このライトニングネットワークは取引所のネットワークとは異なる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. SWELLの開催日迫る[SWELLとは?開催日は?]

  2. 韓国Samsungがブロックチェーンプラットホーム

  3. スクエアのドーシーCEO、BTCは10年後単一通貨に

  4. 韓国最大ホテルの予約サイト、仮想通貨受け入れへ

  5. 金融庁が「コインチェック」に業務改善命令

  6. 暗号通貨規制強化、抜け道も封鎖[中国]

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]