ニュース

米規制当局がビットファンダー創業者を起訴

ビットファンダーは2013年にハッカーによって、6000BTC以上を奪われた。

しかし創業者のジョン・E・モントロール被告は、この責任から逃れるために「ハッキングを受けたことを否定」、さらには米証券取引委員会の捜査官に虚偽の証言をしたようだ。

そして、今回は米証券取引委員会と司法省は「ビットファンダーの創業者」を連邦証券法違反で告訴した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ジンバブエ、取引所と規制に翻弄される投資家

  2. オンラインカジノ会社、マイニング参戦「対象はビットコインキャッシュ」

  3. 東大でも[ブロックチェーン技術講座設立]

  4. グーグル仮想通貨広告完全禁止、6月より

  5. SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]

  6. EOS、脆弱性否定

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]