ニュース

米規制当局がビットファンダー創業者を起訴

ビットファンダーは2013年にハッカーによって、6000BTC以上を奪われた。

しかし創業者のジョン・E・モントロール被告は、この責任から逃れるために「ハッキングを受けたことを否定」、さらには米証券取引委員会の捜査官に虚偽の証言をしたようだ。

そして、今回は米証券取引委員会と司法省は「ビットファンダーの創業者」を連邦証券法違反で告訴した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ペイパルの元CEO「BTCは詐欺」

  2. 昨日(10/11)のニュースまとめ

  3. ビットメイン、AI市場に注目

  4. アメリカの大手ファンド「ビットコインは過去最強のスキャム」

  5. 好きな暗号通貨の種類、男女の偏り

  6. UBSとサンタンデール銀行、ブロックチェーンについて協議

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]