ニュース

トルコとイランも独自の仮想通貨発行を検討中

ベネズエラがペトロという独自の仮想通貨を発行しICOを行ったことに注目し、トルコとイランも独自通貨の発行を検討中のようだ。

イランの銀行関係者は既に独自仮想通貨の開発に進んでいると明らかにした。またトルコの元産業大臣も「トルココイン」発行を検討しているとした。

ベネズエラを皮切りに広がる国家の”仮想通貨”だが、今後も増えそうだ。しかしながらG20も控えており、サプライズ的な規制の見解などが出てくるのではないかと市場は注目している。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. NEM財団、Polipoli公式支援

  2. 米仮想通貨取引所大手コインベース、仮想通貨のインデックス・ファンド導入…

  3. ライフカード社がVISAプリペイドでビットコインを利用できるサービスを…

  4. ビットコイン取引所大手、相次いでNY州から転出

  5. アメリカは暗号通貨時代を推し進めるのか

  6. Mt.GOXの民事再生、Bitcoin価格への影響

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース