ニュース

アメリカの大手ファンド「ビットコインは過去最強のスキャム」

アメリカの大手のヘッジファンドである「エリオットマネジメント」の報告書の内容が波紋を呼んでいる。

同社の報告書では「仮想通貨は過去に類を見ない、最も精密なスキャム」だとした。

大手のヘッジファンドを含めて「仮想通貨の容認派と否定派」が今後も大きく分けられる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 仮想通貨に警戒抱くポーランド政府

  2. ビットコインの税収詐欺とは

  3. Zaifトラブル続きユーザー不安高まる

  4. 麻生太郎財務相「規制すればいいというわけではない」

  5. 金融機関の新たな姿

  6. 昨日(10/16)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]