ニュース

待望のセグウィット実装

BTCの取引時間の遅延・手数料の値上がりに悩まされていた仮想通貨投資家が待ち望んだセグウィット実装のアップグレードがようやくコインベースとビットフィネックスで行われる。

セグウィットが実装されることで手数料・取引速度・ネットワークの全体能力の3大懸念が解消され、ユーザーにとっても、開発者にとっても大きな恩恵を得られる。

【補足】
セグウィット(segwit)とは取引履歴を圧縮してデータを小さくする技術のこと。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 分散型セキュリティICOに大物が参加

  2. 暗号通貨投資家の43%はガチホ勢

  3. HitBTCが金融庁の意向に従い、日本でのサービス停止

  4. SIMカード乗っ取りで暗号通貨盗難

  5. SEC仮想通貨業界全調査へ

  6. フランスの暗号通貨規制状況

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース