ニュース

待望のセグウィット実装

BTCの取引時間の遅延・手数料の値上がりに悩まされていた仮想通貨投資家が待ち望んだセグウィット実装のアップグレードがようやくコインベースとビットフィネックスで行われる。

セグウィットが実装されることで手数料・取引速度・ネットワークの全体能力の3大懸念が解消され、ユーザーにとっても、開発者にとっても大きな恩恵を得られる。

【補足】
セグウィット(segwit)とは取引履歴を圧縮してデータを小さくする技術のこと。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 新たな確定申告ツール

  2. イランはビットコインに明るい

  3. ロシア大手銀行、スイスで暗号資産取引試験を実施

  4. GMO、仮想通貨のクラウドマイニングサービスの開始時期決定

  5. Binance.com,取引再開、システムをアップグレード後

  6. Bittrexは3月末で80種以上のコインウォレットを廃止へ

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か