ニュース

BTC 決済手段になる可能性高い

ペイパルで最高財務責任者を務めるジョン・レイニー氏は「BTCが日常的に使われるには長い時間が必要だが、将来的には決済手段として一般的になり得るのではないか。」と考えを述べた。

ブロックチェーンの技術は革命的であるが、だからこそ理解されるには相応の時間がかかりそうである。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 国内に新しいビットコイン取引所がOPEN

  2. DMM、マイニング事業から撤退[cointapも断念]

  3. 昨日(9/3)のニュースまとめ

  4. SBI,高齢者も取引可能に

  5. マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

  6. 昨日(7/13)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

SBI HD・FPT,Utopへ約3億円の出資[ベトナムでのポイントシステム]

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]