ニュース

ロシアがICO整備に動く

今年3月ロシアで試験的に開始されるICOスエクロー制度。しかしロシアには仮想通貨関連の法律がないことから投資家の権利を法的に保護できないと危ぶむ声も聞こえる。

ただ、VERの子会社とRACIBが共同で開発したICOハブ制度はICOを通じた資金調達に関心ある人々にとっては、仮想通貨と法定通貨の両方を手に入れられるこの仕組みは多少危険であっても大変魅力的に見えるだろう。

【補足】
スエクロー制度とは取引を完了する過程にある2人の当事者の代わりに第三者が金融商品または資産を保持する制度。安全を保つために使われる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Zaif流失事件の犯人特定に一歩[漫画村運営者も特定]

  2. 待望のコインチェック再開はいつになるのか

  3. 中国政府、ブロックチェーン技術開発に積極的

  4. 昨日(11/17)のニュースまとめ

  5. 韓国政府は取引所に罰金、個人情報保護違反か

  6. 金融庁、ついにICOへの規制検討

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ