ニュース

中国企業レノボ 判別装置の特許申請

中国企業はブロックチェーン関連の特許取得に積極的で、昨年の実績として中国企業アリババは世界のブロックチェーン関連の特許出願・取得ランキング1位となっている。

今回特許申請されたシステムは⦅セキュリティーブロックチェーン⦆を利用することで、物理的文書と比較し、そのブロックチェーンが偽物か本物か識別できるというもの。例え物理的文書の偽物が複数存在しようと、判別は可能。より強固な安全性を手に入れることができるようになるだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. bitFlyer,XRP取り扱い開始[キャンペーンも同時開催]

  2. 1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事

  3. スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

  4. Zaif 、暗号通貨決済サービス再開[その他サービス再開時期は未定]

  5. DMM.Bitcoinで新規口座開設キャンペーン

  6. 仏メガバンク、ビットコイン技術者を募集中

PAGE TOP

ニュース

ダボス会議、閉幕[地球環境問題と国家のあり方]

ニュース

昨日(1/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座[資産管理の重要性]

ニュース

BIS,暗号通貨・CBDCに関する調査[政権や金融への不信感]

ニュース

ウクライナ、暗号通貨監視強化[EUでの資金洗浄対策]

ニュース

ハワイ、銀行の暗号通貨カストディ業合法化へ[既存金融機関と暗号通貨関連事業]

ニュース

メルカリ、Origamiを孫会社化[スマホ決済、再編進む]

ニュース

麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]