ニュース

規制検討も技術は擁護

アメリカ議会が仮想通貨規制のための新たな法案作りを検討していることが分かった。ただ仮想通貨の持つ様々な可能性からブロックチェーンやデジタル台帳技術に対しては寛容な姿勢で取り組むとしており、規制はあくまでも消費者を保護する方向でルールを設定していくとしている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 「暗号通貨の未来を信じる人がいるなら適正に扱うべき」

  2. フィリピン政府、強い仮想通貨業界の規制へ

  3. SNS大手の暗号通貨広告禁止に対する訴訟

  4. 注目集まる暗号通貨業界、金融庁は動けるか

  5. 海外に追随、国内クレジットカード大手でも仮想通貨の購入を相次ぎ停止

  6. 昨日(9/30)のニュースまとめ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]