ニュース

韓国政府、「通常の」仮想通貨取引を支持へ

韓国メディアの聯合ニュースは20日、金融監督院(FSS)の崔興植(チェ・フンシク)院長が仮想通貨取引所の代表らとの会合で、「もし通常の取引が行われるなら、政府は仮想通貨取引を支持するだろう」と述べたと報じた。

また、韓国では米ニューヨーク州で2015年に施行されたビットライセンス(ビットコインやその他の仮想通貨事業に関する法律)と同様の法律を検討しているという。政府関係者は13日、追加規制としてビットライセンス同様、仮想通貨取引所の承認制度の採用を検討中だと明らかにしたと一部メディアが報じている。

足元のビットコイン価格は報道を好感し、一時は120,000ドルに達した。規制への姿勢を緩めたとはいえ、規制法案の作成は進んでいる。市場への影響力は依然として大きいため、今後の動向を把握しておきたい。

メディアファイル

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. プレイボーイがウォレットビジネスへ

  2. 国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

  3. 小切手もデジタル化[中国]

  4. 「コインベース」規制を批判、英国への進出強化か

  5. Tether のUSDT が怪しいと話題でビットコインが危ない?

  6. ロシアで家庭でのマイニング禁止か?

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?