ニュース

米VCの500スタートアップス、中国の仮想通貨取引所「火幣」と提携しスタートアップ支援

米ベンチャーキャピタルの500スタートアップスは20日、中国の仮想通貨取引所、火幣(Huobi)傘下の火幣ラボとの提携を発表した。提携により両社は様々な分野のスタートアップの支援を行うという。同社はビットコインプロジェクトに早期から投資してきたことでも知られる一方で、財務的・法的なリスクを懸念し、ICO(仮想通貨技術を利用した資金調達の一種)には投資してこなかった。

中国政府は2017年9月、国内取引所での仮想通貨取引を禁止した。火幣は人民元建ての取引所を閉鎖したものの、今なお130カ国以上の顧客に取引を提供し、1日当たりの売買代金は10億ドルを上回るという。また、シンガポール、香港、韓国、日本等の地域において、デジタル資産取引所、情報・調査サービス事業、仮想通貨管理用のウォレット事業なども展開している。中国ではさらなる規制強化も噂されており、取引所以外の事業強化を図る狙いもありそうだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 南アメリカで暗号通貨業界の自主規制機関設立を計画

  2. インドのHDFC銀、仮想通貨取引を目的としたクレジットカード利用禁止へ…

  3. 米仮想通貨取引所大手コインベース、イーサリアムベースの標準規格(ERC…

  4. ブロックチェーン技術等への制度研究会発足[日本]

  5. Ripple社が金融機関向けにサービス提供する理由

  6. ネットバンクのSwissquote銀行が新サービス

PAGE TOP

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか