ニュース

ブラジル大手銀イタウ・ウニバンコ、リップルネットに加盟

ブルーンバーグの報道によると、南米地区、ブラジル最大の銀行、イタウ・ウニバンコは、リップルネットに加盟すると発表した。インド工業銀行、ブラジルのビーテック、シンガポールのInstaRem、カナダのZip Remit、中国の決済サービス大手「連連」などに続く動き。

リップルネットは、リップルが運営するブロックチェーンを活用した国際資金送金サービス。リップルネットはXRP、リップルのデジタルトークンを使用しないが、リップルは金融機関に食い込むため、リップルネットや将来のXRP使用も視野にいれた展開に焦点をあてている。

金融機関はXRPの導入に消極的であることから、リップルネットは現在のところ銀行間の送金や信用状のやりとりなどに利用されているSWIFTにとってかわるリップルネットサービスの提供に力を入れているようだ。一方、リップルの時価総額は一時に比べ減少。現価格で、イーサリムの半分以下となっている。リップルの価格は1XRP=1ドル前後でのもみ合いが続いている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 昨日(11/1)のニュースまとめ

  2. 金融庁、匿名通貨の取り扱い廃止を推奨

  3. マネーフォワード、交換業参入への意欲

  4. さよなら、金塊ハンター

  5. 昨日(11/20)のニュースまとめ

  6. 新たなパートナーシップ「アメリカのビットペイと韓国のビッサム」

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

みずほ「個人向けデジタル社債」提供へ[ブロックチェーン]

ニュース

スウェーデン、CBDCに関する実証実験[キャッシュレス]