ニュース

ブラジル大手銀イタウ・ウニバンコ、リップルネットに加盟

ブルーンバーグの報道によると、南米地区、ブラジル最大の銀行、イタウ・ウニバンコは、リップルネットに加盟すると発表した。インド工業銀行、ブラジルのビーテック、シンガポールのInstaRem、カナダのZip Remit、中国の決済サービス大手「連連」などに続く動き。

リップルネットは、リップルが運営するブロックチェーンを活用した国際資金送金サービス。リップルネットはXRP、リップルのデジタルトークンを使用しないが、リップルは金融機関に食い込むため、リップルネットや将来のXRP使用も視野にいれた展開に焦点をあてている。

金融機関はXRPの導入に消極的であることから、リップルネットは現在のところ銀行間の送金や信用状のやりとりなどに利用されているSWIFTにとってかわるリップルネットサービスの提供に力を入れているようだ。一方、リップルの時価総額は一時に比べ減少。現価格で、イーサリムの半分以下となっている。リップルの価格は1XRP=1ドル前後でのもみ合いが続いている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. コインチェックハッキング事件に北朝鮮関与か=韓国ハンギョレ紙

  2. SBIが「フオビー」との提携基本合意を白紙に

  3. サクソバンクが予想する、ビットコイン2000ドル時代

  4. 中国人民銀行、大手取引所を集め会合

  5. 金融庁認可済みの取引所買収に海外注目

  6. 仮想通貨ビットコインの先物取引開始

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?