ニュース

警察庁、昨年の仮想通貨を巡る「疑わしい取引」は669件に

詐欺などの犯罪収益やマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあるとして、2017年の4-12月の期間中に仮想通貨交換業者が国に届け出た「疑わしい取引」が669件に上ることが22日、警察庁の年次報告書により明らかとなった。

昨年4月に改正犯罪収益移転防止法が施行され、資金洗浄などが疑われる取引の届け出を仮想通貨の交換業者に義務づけられてから、170件の届出が金融庁にあり、続けてその後の3カ月間で届出は急増したという。

交換業者コインチェックから約580億円分の仮想通貨NEM(XEM)が流出した問題では、数十億円分が身元特定が難しい闇サイト「ダークウェブ」を通じて、匿名性の高いとされるDASHなどの他の仮想通貨に資金洗浄された疑いがあることが分かっている。流出問題に関与した人物は目印がない別の通貨に換えて追跡を逃れ、現金化を図ったとみられた。

これらを踏まえ、警察庁は犯罪収益の移転に悪用される危険性があるとみて警戒を強めており、今後は匿名性が高い仮想通貨の取引などに着目した分析を一段と強化する方針だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 欧州証券市場監督局は仮想通貨を含む金融改革の監督を優先

  2. コインチェックよりビットコインの定期預金が登場

  3. ロシア法整備へ

  4. 世界で暗号通貨業界健全化への動き

  5. MoneyTap、サービス開始!![順次対応金融機関拡大]

  6. 止まらぬRippleの快進撃

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]