ニュース

クラウドファンディングと ICO の「デュアルオファリング」を検討

AI を使った株式・仮想通貨のアルゴリズムを販売提供する株式会社 Smart Trade がエメラダ・エクイティの株式投資型クラウドファンディングにて 2/27 から約 3,000 万円の募集を開始。2/15 より開始した一度目の募集では、個人投資家から総額 4,000 万円を超過する応募を集めたようだ。

同社の広報にインタビューをした。

『「QuantX」ではアルゴリズムの提供だけでなく、作成して販売したい人と購入したい人をつなぐことができるサービスを展開。開発者向けには「QuantX Factory」という開発環境を提供し、累積損益が年間 100%以上など非常に高い実績を出しており投資家からは多くの注目を集めています。 2018 年中頃には仮想通貨版「QuantX for Bitcoin」を開始し、さらに投資を自動化するロボアドの提供も予定。仮想通貨投資家にとっては利用してみたいサービスになるでしょう。 』

エメラダ・エクイティの詳細についてはこちら

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. リップルCEO、コインベース上場に関する言及避ける

  2. EOS、「分散型」への疑問

  3. 米金融会社USAA、ブロックチェーン技術の可能性に注目

  4. 中国の規制は正しかったのか

  5. ブラジル大手銀イタウ・ウニバンコ、リップルネットに加盟

  6. メイウェザーもICOに参加?

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの