ニュース

Zaif資金繰りも炎上か

サービスに問題があると炎上している仮想通貨取引所「Zaif」を運営しているテックビューロの前回の決算公告によると純損失は2億4900万円の赤字、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は4億2100万円の赤字であった。

同社は仮想通貨取引所のほか、ICOのプラットフォーム、ブロックチェーン構築サービス等展開している。ただ流動資産11億円に対して流動負債は7.5憶円と余裕があるので、危うさを漂わせているもののこれからどうなっていくかは現在山積みになっている問題の対応によるのではないだろうか

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 米ムーディーズ、パキスタン中銀のBTC禁止決定、クレジットポジティブに…

  2. 東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

  3. ロシアの最高裁、暗号通貨と禁止控訴へ見直し要求

  4. Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術…

  5. ビットコインを使ったゲーム、勝者には「1BTC」プレゼント

  6. 技術者不足にどう動くか[日本]

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]