ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

仮想通貨規制に世界が動いている中で、ベネズエラは仮想通貨発行・ICOの実施で資金調達を行うと発表した。

原油輸出で経済を回してきたベネズエラは石油ブームが下火になってきた今、非常に苦しい状況になっている。加えてアメリカによる経済制裁、国債や国営会社の社債の利払いだけで財政は逼迫している。そんな状況打破の為に採用されたのが「仮想通貨の発行」である。

この仮想通貨はベネズエラが独自で発行するもので「ペトロ」といい、原油埋蔵を担保としている。ただこの担保に対する信頼性が低く、仮想通貨として機能できるのかという問題もある。しかし、こうした国を挙げての規制ではない仮想通貨政策は面白いのではないだろうか。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. DLT活用し、カードの不正利用防止へ[SBI Ripple Asiaが…

  2. 行政の記録保管にブロックチェーン技術使用

  3. 暗号通貨のATM[初心者向け]

  4. マウントゴックス、民事再生決定

  5. 暗号通貨は世界金融の安定の脅威ではない

  6. Transpaygo、xRapidの導入発表[FCA認可企業]

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]