ニュース

ベネズエラ、国独自の「仮想通貨」を発行

仮想通貨規制に世界が動いている中で、ベネズエラは仮想通貨発行・ICOの実施で資金調達を行うと発表した。

原油輸出で経済を回してきたベネズエラは石油ブームが下火になってきた今、非常に苦しい状況になっている。加えてアメリカによる経済制裁、国債や国営会社の社債の利払いだけで財政は逼迫している。そんな状況打破の為に採用されたのが「仮想通貨の発行」である。

この仮想通貨はベネズエラが独自で発行するもので「ペトロ」といい、原油埋蔵を担保としている。ただこの担保に対する信頼性が低く、仮想通貨として機能できるのかという問題もある。しかし、こうした国を挙げての規制ではない仮想通貨政策は面白いのではないだろうか。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ビットコイン価格、一年前の倍に上昇

  2. ツイッター、ICOなどの広告禁止へ、BTCは8000ドル割れ

  3. アラブ首長国連邦、中東のマルタとなるか

  4. 国内取引所BTCBOXが資金調達を実施

  5. ビットフライヤーが一部メディア報道に反論

  6. 円相場急落

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]