ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

2014年2月に「BTCがなくなってしまった」と公表したマウントゴックス。同年4月に破産手続きが始まった。同社の社長は現在、この消失事件に関して業務横領罪等に問われ東京地裁で公判中である。

BTC消失事件に関し2015年8月の東京地裁判決は返還を求めた男性に対し「BTCは所有権の対象とならない」としていたが、今回返還を求め提訴した債権者側は「BTCは所有権がなくとも信託財産であり、債権者は取り戻すことができる」と訴えている。
この事件が起こった当時の1BTCの価格は5万円前後。今現在では100万円を超える。裁判結果がどうであれ、「なくなってしまった」BTCの行方を被害者は知りたいだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. コインチェックCMに人気タレント出川哲朗

  2. 南アメリカで暗号通貨業界の自主規制機関設立を計画

  3. 個人向けの暗号通貨保険誕生[取引所ではなく個人で契約]

  4. 1週間(8/13~8/19)のニュースまとめ

  5. リップル1ドル割れ、リップルCEO、コインベース会長のCNBCインタビ…

  6. エジプト政府が国民のコンピュータ使い無断でマイニングか

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース