ニュース

「なくなってしまった」BTCの行方は

2014年2月に「BTCがなくなってしまった」と公表したマウントゴックス。同年4月に破産手続きが始まった。同社の社長は現在、この消失事件に関して業務横領罪等に問われ東京地裁で公判中である。

BTC消失事件に関し2015年8月の東京地裁判決は返還を求めた男性に対し「BTCは所有権の対象とならない」としていたが、今回返還を求め提訴した債権者側は「BTCは所有権がなくとも信託財産であり、債権者は取り戻すことができる」と訴えている。
この事件が起こった当時の1BTCの価格は5万円前後。今現在では100万円を超える。裁判結果がどうであれ、「なくなってしまった」BTCの行方を被害者は知りたいだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 様々な活用がみられるNEM、期待高まる

  2. ローンでの暗号通貨購入禁止

  3. bitFlyer、新体制へ[業務改善命令への取り組み]

  4. 韓国最大ホテルの予約サイト、仮想通貨受け入れへ

  5. ハッキングされたハードウォレットの脆弱性を指摘

  6. 北米ビットコイン・カンファレンスでビットコイン支払い受付停止

PAGE TOP

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]