ニュース

BTC発掘機で連邦違反

BTC発掘機がTモバイルのネットワークに対して有害な周波数を出し、干渉しているとして、アメリカの連邦通信委員会は使用者であるビクター・ロザリオ氏に公式通知を送付し「有害干渉を生じる方法で使用継続を行うのは連邦違反となり、相当額の罰金・刑事制裁を行う可能性がある」と警告を行った。

通知を受け取ったロザリオ氏には、装置の使用状況・データ全てを提示し、再発防止のための処置を詳述するための機関として警告日から20日間が与えられている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ヘルスケア特化型のClinicoin、イニシャルトークンセールを2月2…

  2. ビットコイン先物週報

  3. 国内最大手bitFlyerの処罰はいかに!?

  4. 昨日(10/1)のニュースまとめ

  5. マウントゴックス元CEO清算後に残った資金に対して不満

  6. 2018年第2四半期で注目されているICO

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]