ニュース

BTC発掘機で連邦違反

BTC発掘機がTモバイルのネットワークに対して有害な周波数を出し、干渉しているとして、アメリカの連邦通信委員会は使用者であるビクター・ロザリオ氏に公式通知を送付し「有害干渉を生じる方法で使用継続を行うのは連邦違反となり、相当額の罰金・刑事制裁を行う可能性がある」と警告を行った。

通知を受け取ったロザリオ氏には、装置の使用状況・データ全てを提示し、再発防止のための処置を詳述するための機関として警告日から20日間が与えられている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. コインチェック再開目処も、出金申請300億

  2. IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

  3. ソニー子会社、三井住友信託銀行の実証実験参加[ブロックチェーン・不動産…

  4. EOS、脆弱性が見つかる

  5. 取引所Binance、暗号通貨COSMOS(ATOM)[COSMOSと…

  6. ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

PAGE TOP

ニュース

イスラエル、規制に関する意見募集[暗号通貨・ブロックチェーン]

ニュース

TCC(Trade Coin Club)とは[コインの森なんでも相談]

ニュース

ドイツ銀行「暗号通貨は決済手段としての可能性を秘めている」

ニュース

イラン、マイニングライセンス付与[経済制裁回避と電力供給]

コラム

為替相場は絶好のトレーニング場 ”仏のR”の特別講座”

ニュース

[金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]

ニュース

Bitgate、ダイコホールディングスグループ子会社へ[資本移動]

ニュース

昨日(1/27)のニュースまとめ