ニュース

BTC発掘機で連邦違反

BTC発掘機がTモバイルのネットワークに対して有害な周波数を出し、干渉しているとして、アメリカの連邦通信委員会は使用者であるビクター・ロザリオ氏に公式通知を送付し「有害干渉を生じる方法で使用継続を行うのは連邦違反となり、相当額の罰金・刑事制裁を行う可能性がある」と警告を行った。

通知を受け取ったロザリオ氏には、装置の使用状況・データ全てを提示し、再発防止のための処置を詳述するための機関として警告日から20日間が与えられている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイ…

  2. タイの銀行、仮想通貨取引所口座停止

  3. SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

  4. ウクライナ、暗号通貨は金融商品か

  5. ナイジェリア政府が仮想通貨使用に警告

  6. 1週間(12/2~12/9)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]