ニュース

【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

韓国政府関係者で仮想通貨に関する規制を強化するためのプロジェクトの幹部の一人である、鄭ギ駿(チョン・ギジュン)氏が自宅で死亡しているのが見つかったようだ。

死因の詳細は不明だが、仮想通貨関係の規制を進めるにあたって過度のストレスを抱えていたようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. カナダ初 コミュニティのための独自暗号通貨

  2. 大暴落で取引所に痛手か

  3. ハッカーによる盗難を隠蔽

  4. LISK、自動的に処理停止して不正を防ぐ

  5. 中国、アリババが決済サービスのブロックチェーン導入へ本腰

  6. 横浜銀行・住信SBI、ブロックチェーンでの送金システム開発へ本腰

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?