ニュース

【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

韓国政府関係者で仮想通貨に関する規制を強化するためのプロジェクトの幹部の一人である、鄭ギ駿(チョン・ギジュン)氏が自宅で死亡しているのが見つかったようだ。

死因の詳細は不明だが、仮想通貨関係の規制を進めるにあたって過度のストレスを抱えていたようだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. スウェーデンのノルデア銀行従業員の仮想通貨取引禁止へ

  2. ライトニングネットワーク決済でピザ購入

  3. ロシア連邦中央銀行が分散型台帳技術の取引実験に成功

  4. 昨日(9/25)のニュースまとめ

  5. ブロックチェーンの証券貸借プラットフォーム

  6. 熊本県でブロックチェーンカンファレンス

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]