ニュース

Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

世界の多くのものがデジタル化し、個人の情報までもデジタル化している現代。その情報をある1か所に集めるのは、その管理を第三者に委ねるのは果たして安全なのだろうか。

Microsoftoは管理者がハッキングされ情報漏洩する事件が多発しているのを受け、データを暗号化し、本人以外が自身の個人データを活用することができない仕組みを開発している。

情報の非中央集権的な仕組みを構築するために、仮想通貨で使用されているブロックチェーンを利用しようと研究・開発し、現在世界中の人が使用できるデジタルIDの発行を発表した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 取引所、決済処理機関に新たな規制か[カナダ]

  2. ビットコインの取引所50社がライセンス申請

  3. バブル現象か!? 名称変更で株価高騰

  4. 今後の市場成長に期待高まる[韓国]

  5. コインチェック、再開間近

  6. 韓国の規制状況

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ