ニュース

Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

世界の多くのものがデジタル化し、個人の情報までもデジタル化している現代。その情報をある1か所に集めるのは、その管理を第三者に委ねるのは果たして安全なのだろうか。

Microsoftoは管理者がハッキングされ情報漏洩する事件が多発しているのを受け、データを暗号化し、本人以外が自身の個人データを活用することができない仕組みを開発している。

情報の非中央集権的な仕組みを構築するために、仮想通貨で使用されているブロックチェーンを利用しようと研究・開発し、現在世界中の人が使用できるデジタルIDの発行を発表した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ロシア法整備へ

  2. 米NYCプラザホテル、ICOも検討

  3. モルガンスタンレーが先物決済を請負へ

  4. アメリカネバダ州での人気商品は暗号資産のウォレット

  5. 日本のキャッシュレス決済握る三菱UFJグループ

  6. クレジットカードシステム障害の鍵はBTC?

PAGE TOP

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]