ニュース

Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

世界の多くのものがデジタル化し、個人の情報までもデジタル化している現代。その情報をある1か所に集めるのは、その管理を第三者に委ねるのは果たして安全なのだろうか。

Microsoftoは管理者がハッキングされ情報漏洩する事件が多発しているのを受け、データを暗号化し、本人以外が自身の個人データを活用することができない仕組みを開発している。

情報の非中央集権的な仕組みを構築するために、仮想通貨で使用されているブロックチェーンを利用しようと研究・開発し、現在世界中の人が使用できるデジタルIDの発行を発表した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 世界有数の金融企業、暗号通貨業界へ参入か

  2. ビットコイン購入画面に異常発生

  3. ブロックチェーン技術でカースト制度問題解決

  4. FATF、規制に対して本格的に動き出す

  5. スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

  6. 韓国で暗号通貨取引所と提携する銀行3行の検査

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの