ニュース

スイス金融当局、ICOガイドラインを発表

スイスの金融管理当局は、ICO(仮想通貨技術を利用した資金調達)に関するガイドラインを発表した。

同国でプロジェクトが増加したことに伴い、ICOを「決済ICO」、「ユーティリティーICO」、「資産ICO」の三つに分類し、それぞれが準拠すべき法律を明らかにした。一部のICOは有価証券と見なされ、情報開示などのルールが適応される。

ICOはベンチャー企業の新たな資金調達手段として2017年に入って急増した。米金融大手ゴールドマン・サックスによると、ICOによるネット関連企業の資金調達額は同年6月に、従来のベンチャーキャピタル(VC)による調達金額を上回った。

一方で、急拡大したICOに法規制が追い付いていないことから詐欺まがいの行為が横行し、投資家にとってリスクの高いものとなっていた。スイスは、ICOに対応する現行法の枠組みを明確化することで、投資家を保護し、同国におけるブロックチェーン技術の活用を促進させる方針である。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 中国アリババ、ブロックチェーンの特許世界一

  2. 中国マイニング大手が閉鎖へ

  3. 中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

  4. 本当の分散型取引所は存在するのか

  5. 韓国、無記名口座の使用禁止

  6. ドラギECB総裁「ビットコインはリスク」

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]