ニュース

スイス金融当局、ICOガイドラインを発表

スイスの金融管理当局は、ICO(仮想通貨技術を利用した資金調達)に関するガイドラインを発表した。

同国でプロジェクトが増加したことに伴い、ICOを「決済ICO」、「ユーティリティーICO」、「資産ICO」の三つに分類し、それぞれが準拠すべき法律を明らかにした。一部のICOは有価証券と見なされ、情報開示などのルールが適応される。

ICOはベンチャー企業の新たな資金調達手段として2017年に入って急増した。米金融大手ゴールドマン・サックスによると、ICOによるネット関連企業の資金調達額は同年6月に、従来のベンチャーキャピタル(VC)による調達金額を上回った。

一方で、急拡大したICOに法規制が追い付いていないことから詐欺まがいの行為が横行し、投資家にとってリスクの高いものとなっていた。スイスは、ICOに対応する現行法の枠組みを明確化することで、投資家を保護し、同国におけるブロックチェーン技術の活用を促進させる方針である。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. スペイン、暗号通貨等への規制見直し[スイス等を参考に]

  2. アメリカ証券取引委員会がICOを差し止め

  3. アメリカ当局、ダークウェブに潜入捜査

  4. 東京金融取引所の代表が仮想通貨業界について言及

  5. 自治体で初のICO

  6. 仮想通貨取引バイナンスが金融庁から警告を受ける

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?