ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

元Mr.Ripple である、国内取引所のMr.Exchangeでもユーザーの不信感が高まっているようだ。

ことの発端は、同社の発行するIOUがあまりにも多すぎるということだ。ハッキング等ではないという事だが、このような表示の問題は「仮想通貨業界」ではよくある。しかし「よくある」では済まされないのがユーザーだ。Mr.Exchangeは公式SNSなどでは回答をしていなく、問い合わせが集中しているのか電話もすぐにはつながらない状態であった。

先日Zaifでも、同様の問題があり発行数以上のビットコインの取引が行われてしまうところであった。まだまだ不安の残る業界体制にユーザーは不安に感じるだろう。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 暗号通貨への関心高まる[ドイツ]

  2. マウントゴックス民事再生へ移行か

  3. GMOライトコイン取り扱い開始

  4. ハッカー集団とコンピュータ保守会社が結託して不正マイニング

  5. 昨日(7/23)のニュースまとめ

  6. リップルのウェブサイトがクラッシュ

PAGE TOP

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ