ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

これまで国内では「日本仮想通貨事業者協会」「日本ブロックチェーン協会」の2つの自主規制団体が存在していたが統合に向けて協議が行われているようだ。

日本の金融庁からの認可を受けた業者も2分している。やや日本仮想通貨事業者協会のほうが認可業者が多いが、これまでも統合は噂されていた。

またNEM流出問題の起こったコインチェックは両方に所属しているが、このような問題が起こった際に自主規制団体が機能しなければならない。今後、権限強化や監査等を行いやすくするために統合は必須だ。

技術面等で少し考え方が違うところもあるようだが、所詮は利権争いだ。業界成長の大事な時期に「権力争い」をしている場合ではない。

ユーザーからすれば一刻も早く手を取り合い、業界健全化に尽力してほしい。

日本仮想通貨事業者協会の会員例
マネーパートナーズ
ビットバンク
ビットポイント
QUOINE
SBIバーチャルカレンシーズ
フィスコ
コインチェック
Zaif
GMOコイン
DMM Bitcoin
みんなのビットコイン
ビットトレード

 

日本ブロックチェーン協会の会員例
bitFlyer
コインチェック
GMOコイン
FUJI Crypto
VALU
BIT OCEAN

 

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  2. イタリア政府、ビットコインの投機的売買に課税する方針

  3. EUにも影響か?フランス、厳しくなる監視の目

  4. ビットポイントが韓国で現物取引仲介

  5. BTCテクニカル講座 ~ラインの引き方~

  6. 暗号通貨バージ、ハッキング対策でハードフォーク実行

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの