ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

サイバーセキュリティを担当あうる、ロブ・ジョイス米大統領補佐官は、仮想通貨関連法がすぐに実現する可能性は低いと述べた。

一方でジョイス米大統領補佐官は米財務長官と同様に、マネーロンダリングや詐欺などの犯罪へのビットコインの利用を懸念している。デジタル通貨としての利便性を認めてはいるものの、ビットコイン・トランザクションの不可逆性から、犯罪行為にあっても資金を取り戻すことが出来ないことを問題視しているという。

米上院では仮想通貨に関する議会証言が行われるなど、米国で仮想通貨への大規模な規制が行われ、投資家保護が進むのではないかとの見方が足元では支援材料となっていただけに、政府要人のこうした発言には注意したいところだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. カナダの中央銀行がデジタル通貨

  2. KDDIがブロックチェーン導入テスト開始

  3. CMEのビットコイン先物に注目が集まる

  4. ビットコイン、インターネット初期よりも25%急成長中

  5. Gincoさらなるセキュリティ強化

  6. 韓国、仮想通貨取引所調査に乗り出す

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの