ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

サイバーセキュリティを担当あうる、ロブ・ジョイス米大統領補佐官は、仮想通貨関連法がすぐに実現する可能性は低いと述べた。

一方でジョイス米大統領補佐官は米財務長官と同様に、マネーロンダリングや詐欺などの犯罪へのビットコインの利用を懸念している。デジタル通貨としての利便性を認めてはいるものの、ビットコイン・トランザクションの不可逆性から、犯罪行為にあっても資金を取り戻すことが出来ないことを問題視しているという。

米上院では仮想通貨に関する議会証言が行われるなど、米国で仮想通貨への大規模な規制が行われ、投資家保護が進むのではないかとの見方が足元では支援材料となっていただけに、政府要人のこうした発言には注意したいところだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 制裁回避のための計画と回避を阻止する動き[イラン・アメリカ]

  2. SOMPO,国際送金決済事業参入[Bitpesaへ出資]

  3. スマホで服薬管理を簡単に

  4. アメリカでの規制状況

  5. 米連邦保安局、今月2500万ドル相当のBTC入札へ

  6. ブロックチェーン技術とは

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ