ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

サイバーセキュリティを担当あうる、ロブ・ジョイス米大統領補佐官は、仮想通貨関連法がすぐに実現する可能性は低いと述べた。

一方でジョイス米大統領補佐官は米財務長官と同様に、マネーロンダリングや詐欺などの犯罪へのビットコインの利用を懸念している。デジタル通貨としての利便性を認めてはいるものの、ビットコイン・トランザクションの不可逆性から、犯罪行為にあっても資金を取り戻すことが出来ないことを問題視しているという。

米上院では仮想通貨に関する議会証言が行われるなど、米国で仮想通貨への大規模な規制が行われ、投資家保護が進むのではないかとの見方が足元では支援材料となっていただけに、政府要人のこうした発言には注意したいところだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 国債の購入も可能なトークン化証券取引所サービス開始

  2. FinCEN、新たなガイダンス発表[dAppsでの送金は規制の対象]

  3. 山陰合同銀行が社内でブロックチェーン技術の実証実験を開始

  4. 今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

  5. 中国企業レノボ 判別装置の特許申請

  6. ビットコインが過去最高値を更新

PAGE TOP

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]