ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

スイス金融監督当局(FINMA)は、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)ガイドラインを発表し、マネーロンダリング防止法などと照らしICO規制することを発表した。

またFINMAはICOを3つの定義に分けている。

ペイメントICO

⇒有価証券には当たらず、マネロン防止法に適応される。

ユーティリティICO

⇒サービス内容によって有価証券とみなされるかどうか分かれる。

アセットICO

⇒有価証券とみなされる。

ICOといってもその用途や「経済的な投資」にあたるかどうかがポイントとなっている。世界的にも、明らかな有価証券とみられる場合は強く規制の対象となっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. テックビューロ、減資・本店変更の知らせなし

  2. インドビットコインサービス大手Zebpay が新たに500万ドルを調達…

  3. ICOの46.6%、成果を上げていない

  4. 仮想通貨の取引量、一日に7億ドルを突破。

  5. ロシアの最高裁、暗号通貨と禁止控訴へ見直し要求

  6. アメリカ元要人「仮想通貨は中央銀行を滅ぼす」と危機感

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの