ニュース

RippleLabs、米国財務省の元財務次官補を採用

リップルラボ(RippleLabs)は、米財務省の元財務次官補Michael Barr氏をアドバイザーとして迎え入れたと発表した。

米政権下にいた人材がまたRippleに加入したことで、同社の発展に寄与することが期待される。

Rippleは米政権に在籍していたメンバーをこれまでにも複数迎え入れている。政府関係者を社内に取り込むことで、政府との関係構築が円滑に進められるほか、RippleLabsやXRPのイメージアップやサービス改善などにも役立つと思われる。

Rippleは新規登録も再開されており、XRPのレートも比較的安定してきているようだ。

過日のBTC下落の折も特に影響はなかったようで年末に向けてまた上昇する可能性もある。

関連記事

  1. ドバイ、完全なブロックチェーン都市への一歩

  2. 国内取引所、健全化へ着実に進む[BITPoint・bitbank]

  3. IMF「暗号通貨は無視できない存在になってきている」

  4. マルタ、政府の暗号通貨の専門機関

  5. オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万…

  6. リップルのウェブサイトがクラッシュ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ