ニュース

【株価操作疑惑??】SEC、仮想通貨関連会社3社株の株取引一時停止

米証券取引委員会(SEC)は16日、3つの仮想通貨関連会社の取引を停止した。

① Cherubim Interests Inc. ② PDX Partners Inc. ③ Victura Construction Group Inc. の3社は、それぞれ、仮想通貨、ブロックチェーン関連資産の買収を発表。

Cherubim Interests Incは加えて、イニシャルコインオファリングも発表した。SECは、ブロックチェーン関連事業への参入発表が短期的な株価上昇を目的としている可能性があるとし、これらの企業への投資を警告した。SECはこれら企業株の取引きを10日間停止し、条件が満たされる報告がなされるまで、株式の取引を禁じる。

ライオットブロックチェーンの株価も16日のニューヨーク市場朝19%超下落。株価操作の疑惑がかかっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. IndieSquare、テックビューロと業務提携、「Zaif」公開へ

  2. Zaifに送金したが反映されないし返金もされない[なんでも相談室]

  3. スイスはICOのガイドライン発表

  4. RippleLabs、米国財務省の元財務次官補を採用

  5. 昨日(9/20)のニュースまとめ

  6. 昨日(1/4)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]