ニュース

【株価操作疑惑??】SEC、仮想通貨関連会社3社株の株取引一時停止

米証券取引委員会(SEC)は16日、3つの仮想通貨関連会社の取引を停止した。

① Cherubim Interests Inc. ② PDX Partners Inc. ③ Victura Construction Group Inc. の3社は、それぞれ、仮想通貨、ブロックチェーン関連資産の買収を発表。

Cherubim Interests Incは加えて、イニシャルコインオファリングも発表した。SECは、ブロックチェーン関連事業への参入発表が短期的な株価上昇を目的としている可能性があるとし、これらの企業への投資を警告した。SECはこれら企業株の取引きを10日間停止し、条件が満たされる報告がなされるまで、株式の取引を禁じる。

ライオットブロックチェーンの株価も16日のニューヨーク市場朝19%超下落。株価操作の疑惑がかかっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ニュージーランドでICOの警告広がる

  2. 仮想通貨マイニング業者に電力提供をしない企業が現れた

  3. 債券発行をブロックチェーンで

  4. 確実に市場シェアを拡大[Ripple]

  5. タイの中央銀行は仮想通貨を取り扱わないように注意喚起

  6. Ripple、社会貢献を目的に新なプロジェクト/ナスダックXRP上場の…

PAGE TOP

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ