ニュース

【株価操作疑惑??】SEC、仮想通貨関連会社3社株の株取引一時停止

米証券取引委員会(SEC)は16日、3つの仮想通貨関連会社の取引を停止した。

① Cherubim Interests Inc. ② PDX Partners Inc. ③ Victura Construction Group Inc. の3社は、それぞれ、仮想通貨、ブロックチェーン関連資産の買収を発表。

Cherubim Interests Incは加えて、イニシャルコインオファリングも発表した。SECは、ブロックチェーン関連事業への参入発表が短期的な株価上昇を目的としている可能性があるとし、これらの企業への投資を警告した。SECはこれら企業株の取引きを10日間停止し、条件が満たされる報告がなされるまで、株式の取引を禁じる。

ライオットブロックチェーンの株価も16日のニューヨーク市場朝19%超下落。株価操作の疑惑がかかっている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 中国規制緩和の兆しか

  2. 日本の金融庁の対応

  3. 米カリフォルニア州の主要都市がICOを計画

  4. フォーブスが仮想通貨長者番付を発表

  5. ジブラルタル証券取引所がビットコインETIの取引を開始

  6. 国内ビットコイン取引所CoinCheck、信用取引レバレッジ拡大

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?