ニュース

仮想通貨ヘッジファンドの数が4ヵ月で倍増=英金融調査会社

英金融調査会社オートノマス・ネクストが15日に発表したデータによると、仮想通貨に投資するヘッジファンドの数が急増していることが明らかになった。

同データによると2017年10月18日時点に世界で110本だったヘッジファンドの数は2月15日時点では226本に倍増した。この期間中、ビットコインの価格は史上最高値を更新した翌月に70%下落するなど、乱高下したにも関わらず、機関投資家がエクスポージャーを確保する手段を探っていることが伺える。

仮想通貨の種類は1000を超えるため、有望な仮想通貨の見極めには知識と経験が求められる。プロに運用を委ね、複数の仮想通貨に投資することでリスクを分散させたいと考える投資家の需要が旺盛なこともファンド数の増加を支えている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 伊藤穰一氏、ビットコインとブロックチェーンの現状を危惧

  2. 認可取引所の「Zaif」不正出金を報告

  3. 仙台でNEMのミートアップ

  4. ドイツ、仮想通貨での”支払い”には課税なし

  5. アメリカ国務省、ブロックチェーンフォーラム開催へ

  6. 仮想通貨規制の難しさ

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か