ニュース

仮想通貨ヘッジファンドの数が4ヵ月で倍増=英金融調査会社

英金融調査会社オートノマス・ネクストが15日に発表したデータによると、仮想通貨に投資するヘッジファンドの数が急増していることが明らかになった。

同データによると2017年10月18日時点に世界で110本だったヘッジファンドの数は2月15日時点では226本に倍増した。この期間中、ビットコインの価格は史上最高値を更新した翌月に70%下落するなど、乱高下したにも関わらず、機関投資家がエクスポージャーを確保する手段を探っていることが伺える。

仮想通貨の種類は1000を超えるため、有望な仮想通貨の見極めには知識と経験が求められる。プロに運用を委ね、複数の仮想通貨に投資することでリスクを分散させたいと考える投資家の需要が旺盛なこともファンド数の増加を支えている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 千葉県警が暗号通貨などに関する研修

  2. テレグラムのICOは調達目標を2000億円以上に設定

  3. モナ祭りじゃあああ

  4. xRapidの本格始動に期待が高まる

  5. 大手取引所QUOINEが約17億円を調達、本社も日本に移転へ

  6. スタンフォード大、ビットコインの講座を開講

PAGE TOP

ニュース

法定通貨と暗号通貨[日銀副総裁の講演]

ニュース

金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える日本]

ニュース

広がるNEMの輪[アラブ首長国連邦との協定]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース