ニュース

大統領のサイバーセキュリティ顧問「米国政府はビットコイン規制には程通い」

世界各国の外務大臣、国防大臣、安全保障担当者、諜報関係者らが集まる「安全保障会議」が6日からドイツのミユンヘンで開催されている。

この会議に参加している米国トランプ大統領のサイバーセキュリティ顧問、ロブ・ジョイス氏はCNBCとのインタビューで、政府がビットコインや仮想通貨の規制に取り掛かるのは程遠いとの見方を示した。

ジョイス氏は、どのような規制に動くにしてもその前に仮想通貨のリスク、利益をよく認識することが重要だと強調した。そのうえで、我々は、研究、理解に努めている最中だとした。ディジタルキャッシュ、ディジタル通貨には利益がある。しかし、同時に、不正や犯罪にも使用される。こういった通貨を取り消すこともできない。クレジットカードでの盗難と違い、痕跡が残らないことが問題だと指摘した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ユニセフがブロックチェーン投資へ

  2. 指定暴力団、暗号通貨で資金洗浄

  3. スウェーデンでブロックチェーン使った不動産取引が成立

  4. 12.4憶ドルをBTCに資金洗浄利用

  5. bitFlyerサーバー不安定続く

  6. エストニアが自国の仮想通貨を発行する可能性

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か