ニュース

仮想通貨界で話題のAugur、クラウドセールが好調

Augurは、「未来予測市場」のための分散型プロトコルである。少々難しい響きだが、未来に起こるできごとを予測して、それを当てたものが掛け金を得るという一種のギャンブル市場だ。

この仕組を分散型プロトコルで展開するAugurがクラウドセールを17日から行っているが、売れ行きは好調のようだ。

8月20日18時の時点で、200万ドルを超える資金調達を達成している。

クラウドセールで販売されているのはREPというトークンの一種。これは仮想通貨ではなく、Augurで行われるサービス内で予測を行った対象についての報告を行い、それによって手数料収入を得られるものだ。

Augurは予測市場を作り、提供するということで、現状でイメージできるのは欧米で行われているブックメーカーだ。

例えば、「次のオリンピック会場に選ばれるのはどこか?」「英国王室の次の子供は男児か女児か?」などブックメーカーはほとんど何でも対象にする。

これだけ見るとただのギャンブルのように思えるが、Augurが作る予測市場は人々の心理を集める意味合いから、未来の予測にもある程度機能すると考えられている。

https://sale.augur.net/

<下記、公式解説動画>

 

 

関連記事

  1. ブロックチェーンで売名し株価上昇を狙う

  2. マスターカードが特許へ

  3. 犯罪利用が多い現金

  4. SEC「ETHは証券ではない」

  5. スワジランドが仮想通貨を研究

  6. また?ポーランド、反暗号通貨運動

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ