ニュース

米ムーディーズ「BTC先物上場」でCMEやCboe格付けに影響なし

アメリカの信用格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは14日、CMEグループやCboeグローバルマーケッツの格付け見直しで、ビットコイン先物取引上場による影響はないとの見解を示した。

1)取引所、クリアリングハウス、ブローカーのリスク管理が徹底していること
2)出来高が少ないこと
3)それぞれの取引所の保守的なアプローチ

 

ビットコインの価格変動はリスク管理者にとり課題となる。リスクを管理するため、CMEやCboeはビットコイン先物取引で比較的高い証拠金の預託を条件にしている。CMEやCboeが変動率の突然の急伸などの状況下で、リスクやクレジット管理において、保守的な調整を進めると見ている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. Bitcoin.comファウンダーがビットコインを売却

  2. 日本初。学内仮想通貨「百虎」実証実験開始へ

  3. ステラ(XLM)、イスラム金融参入か

  4. Spotifyに導入してほしい機能最上位、XVG決済

  5. G20、初めて仮想通貨の上昇するリスクに焦点、監督の必要性を訴える

  6. 北朝鮮も⁈制裁回避のため独自通貨発行へ動くのか

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ