ニュース

米ムーディーズ「BTC先物上場」でCMEやCboe格付けに影響なし

アメリカの信用格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは14日、CMEグループやCboeグローバルマーケッツの格付け見直しで、ビットコイン先物取引上場による影響はないとの見解を示した。

1)取引所、クリアリングハウス、ブローカーのリスク管理が徹底していること
2)出来高が少ないこと
3)それぞれの取引所の保守的なアプローチ

 

ビットコインの価格変動はリスク管理者にとり課題となる。リスクを管理するため、CMEやCboeはビットコイン先物取引で比較的高い証拠金の預託を条件にしている。CMEやCboeが変動率の突然の急伸などの状況下で、リスクやクレジット管理において、保守的な調整を進めると見ている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ベトナムで707億円相当のICO詐欺

  2. 仮想通貨取引所バイナンス、分散型取引プラットフォームを開発

  3. ビットコインへの課税措置について。

  4. 1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

  5. XRP、さらに利用しやすく

  6. 電子機器大手フィリップス、暗号通貨技術利用を模索

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ