ニュース

米ムーディーズ「BTC先物上場」でCMEやCboe格付けに影響なし

アメリカの信用格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは14日、CMEグループやCboeグローバルマーケッツの格付け見直しで、ビットコイン先物取引上場による影響はないとの見解を示した。

1)取引所、クリアリングハウス、ブローカーのリスク管理が徹底していること
2)出来高が少ないこと
3)それぞれの取引所の保守的なアプローチ

 

ビットコインの価格変動はリスク管理者にとり課題となる。リスクを管理するため、CMEやCboeはビットコイン先物取引で比較的高い証拠金の預託を条件にしている。CMEやCboeが変動率の突然の急伸などの状況下で、リスクやクレジット管理において、保守的な調整を進めると見ている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. トロンがETH所持者にAirdrop予定

  2. エストニアが自国の仮想通貨を発行する可能性

  3. 富士通、ブロックチェーン・イノベーション・センターをブリュッセルに開設…

  4. 欧州も本人確認の義務付けに動く

  5. GACKTコイン、事務局のずさんな現状

  6. マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?